IT技術者が独立するデメリットについて

IT技術者の中には会社から独立して、フリーランスエンジニアとして働く人も少なくありません。
独立することで人間関係の悩みが減る、働く時間や場所を自由に選べるなどのメリットも生まれます。

一方で独立によって、様々なデメリットが発生する可能性もあります。
独立によって発生するデメリットとして大きいのは、自分で仕事を取る必要がある点です。
会社員時代なら、営業担当者が仕事を取るための営業や交渉を引き受けてくれますが、独立すれば営業や交渉などの業務を自分で行う必要があります。
これまでに営業経験がない人や、交渉に必要なコミュニケーションスキルに不安がある人にとってはデメリットとなるでしょう。

自分で仕事を探す必要があるので、仕事が見つからなければ収入が一気に激減します。
こうした収入の不安定さもデメリットの1つです。
報酬の良い案件を数多く見つけられれば収入もアップしますが、会社員に比べると安定性に欠きます。
ただし独立すれば副業が自由にできるので、副業によって複数の収入源を持ち、リスクを分散させるとこで収入の不安定さをカバーすることも可能です。

また、モチベーションの管理が難しいというデメリットもあります。
独立すれば作業時間も仕事量も自分で自由に調整できますが、自分で決められるからこそ自己管理が必要となります。
低いモチベーションのまま、ダラダラと仕事を続けていると収入が激減する可能性があるので、時間を区切って作業する、仕事環境を変えるなどの対策が必要です。
このように、フリーランスエンジニアとしてやっていくには厳しい部分も多々ありますが、スキルと適性があれば独立しやすい仕事と言えます。