独立後は仕事の役割が変わる

IT業界では大きな案件になればなるほど、大手の企業が入り込んでいます。
そのため、独立した人の仕事の役割としては大きなプロジェクトよりも、一人で完結できる小さな仕事になることが多いです。
チームを組んで仕事をするにしても、少数になります。

プロジェクトを発足させて、その一部を独立している人に任せることはあっても、全体を仕事として請け負ってもらうことはほとんどありません。
独自で開発する仕事であれば好きなように作れるのがIT業界ですので、独立した人は独自開発を仕事としている人も多いです。
その場合は売れるかどうかは分からないので、仕事として成立しない場合もあります。
開発したものが売れ出してしまえば、後はお金が入ってくるだけです。

他の業界のような原材料費などを計算する必要がないので、開発したものが売れ出せばほぼ利益になります。
開発するまでに時間がかかりますが、それに見合う報酬が得れる確信があるのであれば独自開発はかなり有望な仕事です。

IT業界で独立した後に、担う役割は多くはありません。
仕事を請け負うか仕事を自分で作るかです。
どちらにしろ規模間は小さくなりますが、自分のペースで仕事ができるというメリットはあります。
役割が大きくない分、自分の判断で仕事ができる場面が多く出てくるのです。
独自の仕事が多くなればいろいろな事が経験でき、結局はプロジェクトに欠かせない人物になる可能性もあります。