IT業界で独立した時の仕事のスタイル

IT業界にはシステムの構築やDTPなど、非常に幅広い仕事があります。
一般的な営業職や販売職などと違い、独立がしやすい業界と言えます。

まず、独立することのメリットや特徴を考えてみましょう。
多くの方が考えるメリットは一国一城の主となることや、自分のペースで仕事ができること、人間関係に縛られないことなどでしょう。
特徴としては、どうしても収入が不安定になることや、その裏返しとして上手くいけば高単価で仕事ができることがあります。

これらは自らの営業活動やコネ以外にも、派遣社員として働くことでも同じです。
「正規のスタッフとして雇用されない働き方」を独立と定義すると、独立へのハードルが下がったような気がする場合もあるでしょう。
派遣元の取り分が発生することで、自分の給料が下がるだけの話なのです。
さらに派遣を利用すれば、ある意味営業活動を代行して貰えるメリットがあります。
コーディネーターはあなたのスキルを営業し、活躍場面を作ってくれるのです。

もちろん、在職中に大口の取引先を得るのが良いですが、そこに依存し過ぎると、独立することのメリットは感じられません。
ただ条件が変わるということになるでしょう。
複数の取引先を受け持つことがフリーランスの醍醐味でもあるのです。
将来の収入の見込みが立てにくいことは甘受すべきでしょう。
世の中の様々なことがコンピュータで管理されるようになり、その流れは今も加速していることから、技術者のニーズはこれからも減少することはありません。
いつでも将来に希望を持ち続けたいものです。